~暮らし・子育て・生きることを考える~ムックマムへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

~私が変わったとき~自然に沿った生活に出会って  【ムックマム6号より】

 近年、健康への関心は年々高まり、自然食がブームになったり、環境問題が日常的に話題に上るご時世になってきました。便利で快適な生活を追い求めて生きてきた私達も、ここらでちょっと振り返って自分の生活を見直さなければ・・・と思い始めています。けれど、いざ自分の生活を変えていくとなると、どこをどうしていけばいいのかわからなかったり、家族や友人との関係がスムーズにいかなくなったり、気持ちばかり焦って空回りしたり。こういうことに心を留め、変わっていこうとする人間がまだまだ少数派なので、精神的にも実際的にもメゲる事の多い現実です。

 そこで今回はいろいろな方にお話をうかがって、どうして自然食や自然育児、環境について興味をもったのか、またそれらを生活に取り入れるにあたって周囲(特に一緒に暮らしている人)の反応はどうか、今までの生活から変えていくにあたって苦労した事、こうすれば案外すんなり入っていけるという知恵などをまとめてみました。プライベートな問題も含みますので、答えてくださった方々の名前は全員匿名にさせていただきました。

 始めに、二人で順調に自然派生活に乗り出しているある御夫婦からのメッセージを紹介します。


【妻談】
 私が自然な生活へと入っていった最初のきっかけは、育児コミックでした(「環境でぷん」)。読んでいくうちに血の気が引いてゆき、何?何なの?どういうこと?と今までの生活を全て否定されてしまい、ものすごい自己嫌悪に陥りました。洗剤、食品添加物、ダイオキシン etc...何から解決したらいいのかわからず、とりあえず情報を仕入れようと図書館でそれらにまつわる本を読みあさりました。読めば読むほど夜も眠れないくらい悩み、あせり、食欲も落ちる程神経質になりました。

 不安になり、借りてきた本を主人にも見せました。ひとりじゃ怖くて…。でも私が気がつくかなり以前から彼は認識していたらしく、本を読んでいる私よりもいろいろな事を知っていて、話して聞かせてくれました。思い出してみると、主人は結婚前、牛乳パックをいくつも流し台に並べ、たまると生協のリサイクルBOXへ持っていっていたんです。その頃の私は「面倒だからやめたらー」と、主人のしていることの意味を全くわかりませんでした。

 ですから現在も、自然生活をする事に協力的。無農薬の米を調達してきてくれたり、食事も文句一つ言わずに食べてくれます。ムックマムや関係者とのFAXにも、目を通してくれます。主人に「どうして環境問題について知っているの」と尋ねたら、「毎日の新聞やニュース、現在の日本の政治に関心を持っていれば誰にでもわかることだ」と言われました。
【夫談】
 ハイ、私、主人であります。旦那が協力的でなく、せっかく良いことをしようとしているのに、頭にきたり、悲しい思いをさせられる方も多いのではないでしょうか。男の立場からご意見を申し上げますと、添加物を口に入れたり、環境に悪いものを使ったり捨てたりが良いわけないのは、どんな人間でも理解しているのです。ただ、男である以上、女の風下に立つわけにはいかないという気質が大なり小なりあり、たとえそれが疑いもなく良いことであっても、女性が先に始めたことに迎合するのは面白くない、というつまらなくも下らない、しかし崇高なプライドを持っているのです。たいていの場合、それが邪魔しているといえるのではないでしょうか。

 もう一つ、やっかいなものがあります。男はわざと苦難の道を歩いたり、挑んだりしたがるものです。煙草を吸う、大酒を飲む、山に登る、喧嘩するに始まって格闘技やボクシングをしたり見たりするのが大好きで、その延長上で、体を大事にしないという気質があります。体をいたわる為にインスタントラーメンを食べないとか、未来のために環境を大切にするなどの行為を、あろう事か「弱わっちい」「せせこましい」と一蹴してしまうのです。

 これらの解決方法は人それぞれだと思いますが、まずは理解してあげてください。どなりつけても大抵は言うこと聞きませんから。腹を立てずに、上手に女の武器を使って操作してください。さっさと諦めるのも一つの手ですよ。家族みんなで何かしていたら、寂しくなってそのうち寄ってきます。それでも駄目なら仕方ないでしょう。夫婦仲を裂いてまで、完全完璧を求める必要はないはずですから。

 良いことをしているのですから堂々とやって下さい。わかる人間はわかります。そのうちに世論と法律が確立される日が必ずきます。その時に先駆者になっていればカッコイイじゃありませんか。皆で頑張りましょう。

こんなふうに夫婦で志が一致していれば、とても心強いし、生活の切替もスムーズにいきますね。でも、最初からこんな順調にいったという人はむしろ少数派ではないでしょうか。次に、切替え当初の様子を、うかがったお話の中から断片的ですが抜き出して紹介致します。苦労した人、案外すんなりいった人、努力真っ最中の人・・・と人さまざまのようです。

(以下省略)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。